1. HOME
  2. コラム
  3. 松戸にまつわる話
  4. 松戸にまつわる話 記事

松戸にまつわる話

ここから本文です

平成最後の『吉井秀仁杯』は初優勝!【山口みのり】

2018年11月 4日 (日)

皆さんこんにちは。山口みのりです。

先日まで行われていた『日本名輪会カップ 第17回吉井秀仁杯 フラワーラインカップ・東京中日スポーツ賞』

表彰式の様子をリポートです(・∀・)



今回はたくさん冠がついている開催ということで、たくさんの表彰を最終レース後にまとめてしました!





いつもガールズケイリンがある時は、ガールズの表彰式はレース後すぐにしていましたが、
今回はガールズ、A級、S級の優勝選手3人を一緒に表彰でした。





ガールズケイリンの優勝は、地元の石井 貴子 選手。

先行も捲りも、何でも出来るイメージの石井選手。
3日間いろんな走りを見せてくれますが、今回もまさに、何をしても強いレースで完全優勝でした。




この後も競輪祭でのガールズ開催が控えていますが、今年は昨年よりも余裕を持って迎えられそうとおっしゃっていましたヽ(^0^)ノ

頑張って欲しいですね!





A級優勝は、神奈川113期・松井 宏佑 選手。




1、2班戦に昇班したばかりのレースでしたが、3日間うしろを離しての強さでした。
地区プロでも、1kmタイムトライアルで優勝するなど今後も期待されます。

今はナショナルチームメンバーと一緒に練習をしているようです。
このまま連勝は続いていくんでしょうか。




S級優勝は、兵庫90期・村田 雅一 選手。



松戸は来るたびに決勝に勝ち上がる、本当に相性の良いバンク。F1でも、そして今年の記念でも決勝に進みました。

そして遂に、今シリーズでS級初優勝!

ご自身でも「びっくりするくらい松戸とは相性良いです。出来過ぎとちゃうかな……笑」と破顔(≧∀≦)

また12月にも斡旋が入っています。
村田選手曰わく
「皆さんに車券を取ってもらえるように、頑張ります」だそうですヽ(^0^)ノ



3選手、おめでとうございました。





表彰式の最後には、


冠の吉井さん、名輪会から山口 健治さん、東京中日スポーツ様、晴香園様、マッピーちゃん、チャリチャン栗田さんと一緒に記念撮影でした。





おまけ。


中継の決勝戦テロップ。
皆さんちょっと違うの気づきました?



決勝戦3レースだけ、このTシャツのデザインと同じテロップになっていたんですよー笑



『平成最後の「吉井秀仁杯」を制したのは★』【寺門夏織】

2018年11月 2日 (金)

みなさま、今年の『吉井秀仁杯』はお楽しみいただけましたか?
3日間 風も殆どなく過ごしやすくて穏やかな天候のもとレースが行われました。
今年はこんなデザインのTシャツで中継をお届けしました♪

今年の『吉井秀仁杯』を制したのは、
ガールズ=石井貴子選手(千葉・106期)
A級=松井宏佑選手(神奈川・113期)
S級=村田雅一選手(兵庫・90期)

【石井貴子選手】
石井選手と荒牧選手の対戦に注目が集まりました。
石井選手がスタートを取り、先行した宮地選手の2番手に入り、土屋選手の捲くりに合わせて落ち着いて捲くっての優勝☆荒牧選手に1車身の差を付けてのゴール。
石井選手はホームバンクでの嬉しい優勝に、ゴール後はガッツポーズも飛び出しました!
前場所の和歌山では逃げて・逃げて・捲くって、今回は逃げて・捲くって・捲くって、連日人気に応えて自力での6連勝となりました☆
「決勝戦は1番車だったので前からの競走をしようと考えていました。久し振りの地元戦で優勝することができて嬉しい。この後も気の抜けないレースが続きますが、年末に向けて精一杯頑張っていきたい!」
イベントでは艶やかな着物姿で楚々とした美しさを見せてくれる石井選手。レースでは力強い走りでファンを魅了し、色々な魅力を持っている選手です(*^_^*)

【松井宏佑選手】
チャレンジ戦を9連勝で特別昇班して、今回が初めてのA級1・2班戦。
連日捲くって後続を離しての1着。初の9車戦でも力の違いを魅せ付け、人気に応えてくれました!
「今回A級初戦だったけど、チャレンジの方がキツかったです。決勝戦は、8番手でも届く自信があったので、落ち着いて仕掛けましたが、準決勝よりはキツかった。地元の太刀川さんと決めたかった。もっと、後ろと決められるようなレースができるようになるのが理想です。次の目標は、周りの先輩たちも期待してくれているので、S級に上がること!今回、自信になったので、ここまで来たら早くS級に上がれるように頑張りたい!普段はナショナルチームで脇本さんなどにコテンパンにされながら、静岡で猛練習しています。将来はグランプリを獲って日本一になって、更に世界一の選手になりたい!」
頼もしいコメントを聞かせてくれ、その表情には自信がみなぎっていました☆

【村田雅一選手】
村田選手には解説の吉井秀仁さんから直接、“吉井杯”が手渡されました。
松戸バンクではいつも決勝進出を決めていて、今年の松戸記念では初のGIII優出も果たした相性抜群のバンクです!
決勝戦は細切れ戦。近畿勢が5名勝ち上がりましたが、2つに分かれました。村田選手は先行した中井俊亮選手ラインの3番手を固めました。
最後は間を割って鋭く抜け出してのS級初優勝☆
「初優勝の実感が沸きません(*^-^*)
前の山田(久徳)君の後輪だけ見て、内だけは空けないように気を付けてレースに挑みました!内を意識し過ぎて、最後は武井さんに降りて来られて危なかった。でも、冷静に前に着いて行くことができたし、最後に伸びて良かった!
決勝戦も今回初乗りの新車で行こうか悩んだけど同県の筒井(裕哉)君の『使え!』という一言で決めました。
松戸は本当にデキスギなくらい相性が良過ぎるバンク。年末にまた来るので、しっかり戦いたい!
好調の要因は、色々やって来たことが噛み合って来たこと。でも、一番の要因は夜中のカップラーメンの間食をやめたこと(≧▽≦)!
次の目標は、GIでも活躍できるように!来月には競輪祭も控えているので、この優勝を弾みに頑張りたい。」
松戸でS級優勝経験のある筒井選手と初優勝のお祝いをするそうです♪
村田選手が来月に5年振り2度目のGIを経験し、また更にパワーアップして年末に松戸に戻って来てくれるのを期待しています!

ガールズ・A級・S級共に見応えのあるレースばかりでした!
優勝選手のそれぞれの今後の活躍が益々楽しみですo(^-^)o

松戸ナイター競輪の次開催は
11月14日(水)~16日(金)の
『第8回サテライト船橋カップFI』です★
次回もお楽しみに(‘-^*)/

寺門夏織



日本名輪界カップ第17回吉井秀仁杯フラワーラインカップ・東京中日スポーツ賞・初日のイベント♪【諏訪まゆ】

2018年10月31日 (水)

前開催は解説の吉井さんの冠杯!!
吉井秀仁杯でした。

最終日は3つの決勝戦が行われ、今年も熱い開催となりましたね。


さて、今回わたしは初日のステージ司会を務めました。


まずは、、、


吉井さんのお弟子さんと言えばこの方!!
鈴木 誠さんとの予想会でした。


2人でハロウィンの帽子を被って楽しく予想会をさせて頂きました!!

吉井さんは
「誠はかぶらないよ?、かぶらせたら大したもんだ!」
と仰ってましたが、、、!!吉井さん!!
どうですか!!


そして誠さんの予想会は、たくさんのファンの皆さまが注目していらっしゃいました。

「このラインはどうなるのー?」
と質問が飛ぶと、気さくに答えてくださった誠さん。

終始わいわい、賑やかな予想会でした。


そして、今回のガールズトークショーは


福島104期、明珍裕子選手にお越しいただきました。

いつ見ても「かわいい」ただ、ただ、それしか頭に浮かびません!

検車場でも、たくさんお話ししてくださいます。

開催から離れるとさらに“ガールズ”な明珍選手。
お客様からも「可愛い?!!」の嵐でした。


しかし一度レースの話になると、キュッと表情も引き締まりかっこいい一面も。

控え室では鈴木誠さんと自転車トークに盛り上がっていました。
ガールズの選手の中でも小柄な明珍選手。
自転車のサイズは試行錯誤しているそうです。

あれもこれもと試したいけど、、、と鈴木さんと笑っていました。

ファンの方から「名マーカーになれよ!」と背中を押して頂き、「そうなれるように頑張ります!」と力強く答えていたのが印象的でした。


明珍選手は松戸競輪場のトークショーには何度もお越し頂いてますが、次回、その後のお話しをぜひ聞かせてほしいです。


鈴木誠さん、明珍裕子選手、ありがとうございました!



吉井杯イベント☆【山口みのり】

2018年10月31日 (水)

皆さんこんばんは。山口みのりです。


『日本名輪会カップ 第17回吉井秀仁杯 フラワーラインカップ・東京中日スポーツ賞』

イベントのリポートです(*・ω・)ノ



今シリーズは吉井杯ということで、鈴木 誠さんが予想会やスタジオ出演をされて盛り上げてくださいました!





そして、S級決勝メンバーのインタビューも鈴木さんが担当。
番組内で流れましたが、皆さんご覧になりましたか?




弟弟子の武井 大介選手のときのもの。
心なしかお二人とも緊張していたような……笑

鈴木さんも「インタビューは緊張しますね」とおっしゃっていました。





更に予想会は、吉井 秀仁さんと




工藤 元司郎さんも。






お相手をさせていただき、同じような元選手でも、展開予想は違うんだなぁと思いました。

ありがとうございました!



バンク内では、ガールズ決勝メンバーによる特別選手紹介。

20181031_05

動けるタイプがそろった決勝でしたが、地元の石井貴子選手が完全優勝でした!




そしてガールズ一般では、初勝利も!

20181031_06

山口114期・渡口 まりあ選手!

逃げ切りでの初勝利。嬉しそうでした。
今後の活躍にも期待ですね(*^▽^*)



次のリポートでは、表彰式の模様をお届けする予定です( ^^)/



『今日から吉井秀仁杯☆お弟子さんたちの気合&新人選手たちの様子』【寺門夏織】

2018年10月28日 (日)

みなさま、こんにちは(^-^)
松戸競輪場では今日からFIナイター競輪『日本名輪界カップ第17回吉井秀仁杯フラワーラインカップ・東京中日スポーツ賞』が始まります♪

毎年松戸競輪場で開催される解説の吉井秀仁さんの冠レース!
そこで、今年も前検日にお弟子さんたちから気合の程をうかがいました!

【福森慎太郎選手(千葉・84期)】初日1R(7)

「今年も今から物すごく緊張しています(>_<)!もちろん、いつも以上に気合が入っています。やれることはして来ました。
半年前に落車をして、ずっとセッティングを迷っていましたが、調子が良かった時の頃に戻して前回の川崎から乗ってみたら、1着も取ることができたのでいい感じだと思います。
初日は、細切れなので、いい位置を取って、そこから仕掛けて行きたい!林(邦彦)さんとは今年も何回か連係しています。
毎年、同門の(鈴木)誠さんも一緒に斡旋されていたけど、今年は解説なので、色々お話を伺いました。いつも的確なアドバイスを下さる尊敬する兄弟子です!
今回は師匠の冠レースなので、下手なレースはできない!恥ずかしくないレースを!!」

気合充分です!オープニングレースから吉井杯を沸かせてくれそうですね!

【武井大介選手(千葉・86期)】初日12R(4)

「やはり、師匠の冠レースは他のFIとは違います!
毎年 誠さんと一緒に斡旋されていたシリーズだけど、今年はS級の弟子は1人なので頑張らないと!迷っていることを誠さんに相談しました。
師匠がバンクの横から仁王立ちでレースを見ているのは、“変なレースはできない!”と、気合が入ります。自分は体育会系なので、プレッシャーよりもその方がいい刺激になります!
吉井杯は優勝経験もあるけど、最近優勝自体がないし、今年に入って4勝しかできていない。
来年の松戸ダービー出場権の賞金もまだボーダーラインに乗っていないので、吉井杯で活躍して決めたい!決勝進出が最低ノルマ!優勝を目指します!」

武井選手も気合充分!お弟子さんたちの活躍に期待しましょう!

そして、今回はガールズケイリンも行われます。
今年の夏にデビューしたばかりの114期の新人選手も登場します!

佐伯選手・渡口選手・向井選手

【佐伯智恵選手(香川)】初日6R(3)
「高校から自転車に乗っていて、ガールズサマーキャンプに参加して選手になろう!と、決めました。
持ち味は、位置取りだと思っています。
今の目標は、位置取りからの自力を出せるように!師匠の大西祐選手にも自力が出せれば成績も上がってくると言われます。いつも細かくアドバイスをしてくれます。
今回もしっかり位置取りをして、そこから組み立てていきたい!」

【渡口まりあ選手(山口)】初日6R(2)
「“10代最後に何かしたい!”と考えていたところ、焼き肉屋さんで師匠(宮本忠典選手)を紹介していただいたのが、競輪選手を目指したキッカケです。
目標は、自力で勝てる選手になること!
持ち味は積極性だと思うので、今回も積極的なレースを心掛けたい!」

【向井円選手(大阪)】初日7R(4)
「トライアスロンをやっていたので、バンク練習をする機会があり、声を掛けていただいたのが競輪選手になったキッカケです。
持ち味は、トライアスロンで培った持久力だと思います。
師匠の中武克雄さんにはウエイトを中心に教えていただいています。
33バンクは、富山と伊東温泉で経験したけど、成績が良くなかった。
今の目標は、まず予選をクリアして決勝戦に乗ることです!前場所の和歌山で決勝に乗ることができたので、今回もいいイメージで臨みたい!」

松戸初参戦の新人選手たちがどんな競走を見せてくれるのか、楽しみです♪
ぜひ、温かいご声援をお願いします。

それでは、吉井秀仁杯をお楽しみください(‘-^*)/

寺門夏織



第2回オッズパーク杯【諏訪まゆ】

2018年9月30日 (日)

今月の開催は18日から20日まで行われた第2回オッズパーク杯でした。
ガールズケイリンも行われ、より華やかな開催となりました。

場内では美味しいビール祭りもありましたね!

私は新発売のコンニャクを食べながら美味しく中継させて頂きました。




北門の食堂で是非!!


さて、レースですが
まずチャレンジ戦では、地元の栗本尚宗選手が決勝へ進みました。

113期が3人揃い、まず先行して行ったのは地元の栗本選手でした。
その栗本選手の動きに追走して行ったのが上野優太選手です。
113期の2人が後ろを大きく離し、ゴール前勝負!!

上野選手が栗本選手をかわして完全優勝を飾りました。

初日から解説の吉井さんが「若手らしく走ってほしい」と113期の選手たちにげきを飛ばしていましたが、決勝では思い切った栗本選手の先行でスカッとしました。


そして、ガールズケイリン。

優勝は静岡の鈴木美教選手でした。

初日、2日目と本来の鈴木選手とは少し違う結果になりましたが、決勝ではしっかり立て直し、中団から捲っての1着!!

ホッとした笑顔が見れました。

不調をしっかり立て直すだけでなく、優勝してしまう鈴木選手。凄いです!!


そして最終A級決勝戦では、残り二周で先行態勢に入った瀬戸晋作選手が力強く先頭で走り、番手の若松孝之選手が交わして優勝!

地元の水書選手は展開恵まれずでしたが、前日は笑顔で「決勝乗れたよ!」と嬉しそうにしていました。


それぞれの優勝選手の皆様、おめでとうございました!!



『キラキラ輝く☆新人選手&ベテラン選手』【寺門夏織】

2018年9月11日 (火)

皆さま、こんにちは。
前回のコラムでは、前開催の優勝選手たちについてお伝えしましたが、今回はゲストに来てくれた選手たちをご紹介します。

*石井菜摘選手(栃木・114期・20歳)



今年の7月にデビューしたばかりの新人選手☆
「これまで競技用の自転車には乗ったことがなく、中学2年生の時に父に連れられてガールズサマーキャンプに参加して自転車の魅力を知り、高校は自転車部に入部しました。
父は競輪ファンなので、娘が選手になったことを喜んでいる反面、車券が買えなくなって複雑な想いみたいです(^_^;)」
と、選手になったキッカケを教えてくれました。

持ち味は地脚。
「普段の練習は、街道をメインに師匠の山口貴弘選手や同門で徹底先行の隅田洋介選手(107期)と一緒にしています。師匠は普段は口うるさく言いませんが、レースを見て細かくアドバイスをしてくれます。たまにバンクに入る時は、神山雄一郎選手とご一緒することも!」
充実した練習環境だと教えてくれました。
プロになって初めての賞金では、お世話になっている人達にお食事をご馳走したそうです。

ゲストに来ていただいた前日には、デビューして4場所目となる伊東温泉競輪最終日に6番手から動いて先行した飯塚朋子選手の2番手に入り、最終4コーナーから追い込みを掛けての初勝利を手にしました☆
「もっと練習して強くなりたい!自力でも勝てるように!」
と、目をキラキラ輝かせながら話してくれました(*^-^*)
初勝利をキッカケに、この後の活躍に期待します!

*中村浩士支部長(千葉・79期・40歳)



中村選手は、事前の告知はなく“サプライズゲスト”として登場して下さいました☆
近況は、どんな展開でも突っ込んで来る差し脚が光っています☆松戸記念競輪GIIIでは2着。オールスター競輪GIでは決勝戦に勝ち上がり、8番手の位置から真横で落車があっても最後まで諦めずにコースを探って踏んで5着。
中村選手は2016年の松戸オールスター競輪GIで表彰台に上がりました。
「他にはない独特な緊張感やお客様の歓声、沸きあがって来る自分の感情、格別な舞台だと思います。これを経験した選手は、“またあそこに!”という気持ちで、どんな辛い練習も頑張れます。」
と、経験した人にしか解らないGI決勝戦の雰囲気を教えて下さいました。

また、お弟子さんの根田空史選手が近況好調な件を伺うと、
「松戸記念の時にセッティングが出なくて悩んでいたので、『一回、全部壊してもいいか?』と、見てあげました。そうしたら、一気に結果が出て来て。もっと早く見てあげれば良かった。」
他にも、「この選手はこういうところが凄い!」と教えてくれました。後輩達を見守り、活躍を自分のことのように喜んでいるのが伝わって来ました。

支部長としての公務を務め、後輩たちの面倒も見ながら第一線で活躍し続けるのは、並大抵の努力では不可能だと思います。
それでも、中村選手はいつもポジティブ☆ 新しいチャレンジを見付けては、本当に楽しそうに話してくれます。
見習いたいところばかりの選手です(#^^#)
中村選手のこの後のGI戦の活躍にも期待します!

キラキラした新人選手とベテラン選手からお話を伺い、とても刺激になったシリーズでした。

寺門夏織



『人気に応えて★東京勢W優勝』【寺門夏織】

2018年9月10日 (月)

皆さま、こんにちは。
北海道地区の大地震や、西日本地区の台風の影響はありませんでしたか?
被害にあわれた皆さまに心からお見舞い申し上げます。
この後も十分に警戒してください。

さて、松戸競輪場では8月22日~24日の3日間、『第14回サッポロビールスターカップFII』ナイター競輪が開催されました☆
連日、厳しい暑さの中でのレースとなりました。

【チャレンジ】
柿本大貴選手VS小林稜武選手VS佐山寛明選手の新人113期の同期対決!
人気は、連勝中の柿本選手が集めました。
残り2周から佐山選手が先頭へ。打鐘で叩いた小林選手の主導権。6番手から捲くった柿本選手が同期対決を制して後続を3車身離しての優勝☆



準決勝同様、マークした江崎魚彦選手と1着・2着も決まりました。
また、3着には地元の小林選手が逃げ粘りました。
新人選手それぞれが見せ場を作ったレースでした。

柿本大貴選手(東京・113期)は、ご自身でも「2日目・3日目と調子が上がっていくタイプ」と話していましたが、逃げて・捲くって・捲くって、初めての33バンクでも力を魅せ付けました。


【A級】
ラインは3つに分かれ、関東が4車結束で一番長いラインになりました。
人気は、関東ラインの先頭で戦った市川健太選手(東京・82期)。
地元の染谷幸喜選手が早めの先行。最終1コーナーで叩いて主導権を奪った市川選手が、そのまま後続を3車身離して押し切っての優勝☆
染谷選手が2着に粘り、染谷選手にマークした柴田功一郎選手が3着でした。

市川選手は、2年前6月以来のホームバンク松戸戦で、嬉しい連覇となりました。
捲くりが鋭いイメージの市川選手でしたが、今回は連日積極的な攻めと粘り脚が光っていました。



市川選手「決勝戦は4車だったので自分のラインから優勝者が出るよう、取れた位置から前々に踏んでいこうと考えていました。前に出切る競走をイメージして挑みました。準決勝で長めに(2周)踏んで1着だったので、周りにプレッシャーを与えられたと思います。いつも練習しているバンクでの優勝は格別です。そう言えば連覇でしたね。本当に嬉しいです(*^-^*) これからも一走一走頑張ります!」

いつもどおりに謙虚に穏やかに応えてくださいましたが、こんなに嬉しそうな市川選手は初めて見たような気がしました。42歳の市川選手が20代・30代の選手たちを相手に、力でねじ伏せて優勝を掴み取りました。2年前に松戸で捲くって優勝した時よりも、更にパワーアップしているような印象を受けました。

今シリーズはチャレンジ・A級共に、東京の選手たちが人気に応えての優勝という結果となりました☆

次回の松戸ナイター競輪は、9月18日~20日の『第2回オッズパーク杯FII&ガールズケイリン』です。次回もどうぞご期待ください。

寺門夏織



☆千葉オールスター☆③石井貴子選手【山口みのり】

2018年8月24日 (金)

皆さんこんにちは。山口みのりです。

最後のオールスター競輪リポートは、石井貴子選手です♪

Img_3927



昨年に続き、ガールズドリームレースに選出されました!
(ファン投票第7位)

いつもお話を伺うときはたくさん話してくれる石井選手。
レースでは冷静な走りを披露し、もしかしたらお客様は「クール」という印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、私は割と「おちゃめ」なイメージです(*ノωノ)


Img_4006



松戸けいりんHPのガールズケイリン選手ブログ
『ガールズ王国チバ』では素顔の石井選手も見られますので、読んでみてください☆

http://blog.matsudokeirin.jp/girls/


前検日は、まだまだリラックスした表情で取材に答えてくれました。
「このレースはお客様が投票で選んでくれなかったら走れません。だから、まず走れることに感謝ですね。その中で自分の力をしっかり発揮したいです。」

Img_3914



今年はガールズケイリンコレクション平塚ステージで優勝。
大舞台での実績、ここ一番の時の勝負強さは光っています!

デビューからずっと乗っていたスカイブルーの自転車を、黄色の自転車に乗り換えて結果を出しています。

自転車についても以前「あのブルーの自転車は色的にも目立って良かったんですよ(笑)レースのダイジェストを見返している時も、自分がすぐに見つけられるんです。
ただそろそろ年齢的にも落ち着いた色にしようかなと思っていたんですけど、新しい自転車もイエローなので、結局目立つのには変わりないんですけどね(笑)」と話してくれました。


その石井選手と私は、僭越ながら共通点が多いんです。

以前トークショーを担当させてもらったときの控え室で、好きな本のジャンルが同じことが判明☆ひとしきり、好きな作家さんの話で盛り上がり、何冊かおすすめの本や映画を教えていただきました!

後は、和服( *´艸`)

20413998_1544764392254608_655706850



石井選手のお母さまが呉服屋さんとご懇意だそうで、着物や浴衣など、
都度で披露してくださっていますよね。

以前も松戸でのトークショーの時も浴衣や着物でいらっしゃってくれました。
これは近くで見られた方はラッキーでしたね。



そんな石井選手。レースが終わった翌日、最終日には選手会ブースのお手伝いに残ってくれていました!

Img_4112



「バイトでグッズ販売していますよー♪どうですか?一枚?」と商売上手(笑)
(このグッズの売り上げは、7月豪雨の被災地へ寄付されました)

しかもファンの方も「え?貴子ちゃん!?」と、昨日レースを走った石井選手にびっくり。たくさんのファンの方とお話をされたり、写真を撮ったりしていました。



ちなみに、石井選手の浴衣の写真に一緒にうつっている私。
「吉井秀仁杯」のTシャツを着ております。実はこれ、いわき平でも着用していました(笑)

Dsc_3998



こっそり千葉化しつつ、いわき平で取材・・・。ここだけの話のつもりが、
松戸のニコ生でもお馴染みの、木三原さくらさんにバラされました(笑)


オールスター千葉勢リポートは以上で終わります('◇')ゞ
選手の皆さん、現地まで来られたファンの皆さん、お疲れさまでした!


山口みのり



☆千葉オールスター☆②根田空史選手、近藤隆司選手【山口みのり】

2018年8月24日 (金)

こんにちは、山口みのりです。

オールスター競輪千葉選手のリポート第2弾です(^^)/

連日積極的なレースをしていた、根田空史選手!

Img_4015



松戸記念は残念ながら準決勝敗退でしたが、その時に感じた自転車の違和感を、師匠の中村浩士選手に見てもらったそうです。

「出してもらったセッティングが良すぎでしたね!見てもらって乗り方も変わったんですよ。でもこの乗り方だとフレームも、本当は変えた方が良いって言われて、新しいものを注文しています。
ただ今までのフレームでも抜群に伸びがいいので、積極的に戦えました。」

中村選手は、「一緒に練習していても、たとえ弟子でも、普段は自分から『こうした方がいいよ』とかは言わないんですよ。でも根田は自分から『見てもらって良いですか?』と聞いてきた。だから自分も、根田よりは少しだけ経験も多くしているし、自分の持っているものを伝えたんです。」と話していました。


根田選手、初日に1着で二次予選を決めたため、2日目はお休み(二次予選は3日目から)。
さっそく、道具を自転車から・・・

Img_3803



カメラに持ち替え、選手の写真を撮っていました。
サマーナイトフェスティバルでは、カメラマンとして『千葉支部のTwitter担当カメラマン』として取材をしていた根田選手。

*その様子は、諏訪まゆさんのコラムに詳しく書かれています↓
http://blog.matsudokeirin.jp/matsuwaru/2018/07/post-a415.html


いわく「みんなが撮れる写真は面白くない!選手側の自分しか撮れない写真もあるから、それを撮ってファンの皆さんに見せたいです。」
だそうです。

Img_3802



そのオールスター秘蔵写真は、根田選手のTwitterに更新されていますので、ご覧ください(^◇^)



そして根田選手、開催中嬉しい出来事があったんです。
なんと、3日目の夜にお子様が生まれたそうで、4日目の朝に知らせを受けました。

「オムツ代を稼がなくちゃいけないから、勝たないといけませんね!この前カメラのレンズ買っちゃったから……(笑)」と話していました。

その4日目に連携をした近藤隆司選手は、

Img_4016



「根田くんに子供が生まれたのを聞いたから、絶対ワンツーを決めたいと思っていました。援護したけど、そんな必要もないくらい強かったですよ!」と4日目にワンツーを決めた後に話してくれました。

それを聞いた根田選手は、「コンリュー(近藤選手)が離れてないかな?と打鐘でカマした時に後ろを確認したんです。そしたら案の定離れているから、HSで少し待ってあげたんですよ(笑)」と余裕そうなコメント。

近藤選手も「マジ??俺、必死に離れないようにしようと思ってたから、追いついて安心してたのに!お前はそんなに余裕だったのかよ……」としょんぼりしていました。


検車場ではピリピリしている雰囲気ももちろんありますが、千葉の選手たちは比較的いつも穏やかです。
そんなやりとりの一端を、ここで見た気がしました!(^^)!


山口みのり




ここからカテゴリ内メニューです

コラム
過去のお知らせ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
オリジナルレース分析

予想に役立つ、ライブ映像+オリジナル分析情報を無料で配信!

地元専門紙 電子新聞

松戸競輪開催中、地元専門紙の予想情報を無料で配信します!

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護について
  • 松戸競輪関連サイト
このページのTOPへ